ブログ

ホームブログ育毛LEDは効果があるのか?

育毛LEDは効果があるのか?

2021/05/31

こんにちはtokoya荒居です

今回は育毛LEDの有効性についてお話しさせて頂きます。

LEDは私達の私生活だけだはなく医療にも広く用いられていますが、最近では育毛機器として美容業界で注目を集めています。

 

まずLEDの種類は赤、青、黄と三色あり、青色LEDの光は皮膚の表面に近いところにまでしか届かず、緑色のLEDは皮膚の浅い所までで、赤色のLEDが身体の深くまで作用すると言われています。

実際にLEDを照射すると赤色LEDが一番温かく、緑色LEDでは多少温かい程度で、青色LEDでは温かさはほとんどなかったそうです。3色を同時に当てると干渉をおこして効果は少なくなるそうです。

 

育毛作用がある赤色LEDの主な効果は細胞のミトコンドリア等に作用し、細胞を活性化させ、異物や老廃物を処理する貪食細胞を活性化させることから炎症を抑えたり皮膚の老化を抑える働きがあります。また、新陳代謝が活発になり血行促進効果があると言われています。

 

 

実際に育毛LEDでマウス実験も行われまいた。

ヘアサイクルが休止期に入っている複数のマウスの毛を剃り、それをLED光を照射するグループと照射しないグループにわけて実験を行いました。

赤色LED光に何らかの効果があれば休止期から成長期への誘導が速くなり、早い段階で毛が生えてくるであろうという仮説です。

2〜3日おきに週3回赤色LED照射を行いました。2週間過ぎから顕著な変化が現れました。

毛を剃った部分の皮膚は白く、毛が生えてくるとそれが黒くなりますが、LEDを当てたマウスでは黒い部分が増え、当てないマウスは白いままです。黒くなった所の面積を測定すると、統計的に有意に発毛した事がわかったそうです。

 

では、実際に人間にLEDを当てると変化はどうなるのでしょうか?

独自に開発したLED照射装置を使い、超狭帯域の赤色LEDを薄毛に悩む男性患者10人の頭皮に20分間、週1~3回、3〜8 ヵ月間照射を行い髪毛の推移を観察したところ、有効率は100%でした。

その内の2名がほぼ治癒、7名が著効、1名が有効で、ほとんどの人で育毛効果が確認され、抜け毛は減少し、長い間照射し続ければ、かなりの確率で毛が生えてきたそうです。

 

結果プロペシアやミノキシジルにとって変わる程の効果はまだ期待できないようですが、育毛LEDの有効性は高い事がわかりました。

育毛LEDは医学的に効果がある事が確認されていて、副作用などのデメリットが少ないので安心して使用可能です。また、飲み薬や育毛剤と併用して使えばより良い効果が期待出来、今後更に医学が進めば飲み薬や育毛剤を超えるような育毛機器になる可能性も秘めているかもしれません。

tokoya荒居でした。

一覧に戻る